こんにちは個別指導塾Linkです。もうすぐ9月も終わり、10月に突入します。
中間テストが近いという学校も多いと思います。


大分市の学校の場合は各学校においてテストの期間がまちまちです。
塾でのテスト対策でのポイントの一つに集団よりも個別のほうが定期テスト対策がやりやすいというのがあります。


その理由というのが集団授業は一斉に授業を行うので、ある学校では定期テスト前なのに塾の授業進度はテストとは関係ない予習の授業を行っていたり、その逆もあったりします。


しかしそんな心配をしなくてよいのが個別指導塾の強みです。
当Linkでは完全オーダーメイドプログラムでひとりひとりに応じた日程調整とテスト対策も学校ごとに対応しています。

当Linkでは小学生から高校生まで塾に入塾していますが、学年も学校も様々で、南大分中学校、判田中学校、城南中学校、挟間中学校、賀来小中学校と中学校だけでもこれだけの数の生徒が在籍しています。
そしてすでに中間テストが終わった学校もあれば、まだ2週間先という学校もあります。

しかし当Linkでは生徒一人ひとりのスケジュールを管理して、テストまでに今の自分がしなければいけないことを理解させて、定期テストまでの時間を最大限に有意義に使うことができるようになっています。

また完全担任制なので生徒と生徒の信頼関係や、入試に関する不安などの精神面でのサポートもしっかりと行っていっていますので、何か気になる点やご不明な点がありましたらご連絡いただければ幸いです。特に中学生のテストは2学期末までが最も重要になってくるのでしっかりと準備をしたうでテストに臨んでいただきたいです。

以前の記事に内申点の重要性も記載しているので、そちらの記事もあわせてよんでいただけたら幸いです。