今、受験生たちが必死に頑張っている教室の光景は
入試が終わると同時にそのバトンを
次の受験生へと渡し、新たな年度が始まりとなります。

受験生たちは、一喜一憂しながらもこの受験勉強を乗り越え、
得ることはたくさんあると思います。
今までもお話ししましたように
一番大切なことは

充実した人生を送ることです。
社会に出て生き抜く力を身につけることです。

この時期になると、ほとんどの子どもたちは不安になります。
入試の合格に「絶対」はないからです。しかし、努力を続け、結果が出ることにより可能性を少しずつ上げることが可能です。

努力をすれば自信につながります。
努力をしなければ不安は募るばかりです。

結果も大事ですが、
一番大切なことは
最大限の努力を継続できたのか
後悔せずに本番を迎えられたかどうかです。

社会に出てから定年で退職するまで
働いていく中で充実して人生を送るために、
今何が出来るのかしっかりと考えてみることが大切です!
考えるだけではなく、考え続けることが重要ですね

私が教室で子どもたちに特に力を入れて伝えていることは

・やり抜くこと(継続)
・我慢をすること(忍耐)
・努力をすること(集中

の3点です 。

社会に出た時に成功するために
この受験勉強を全力で乗り切ってもらいたいと思います。
失敗無しに、成長はありません。

失敗を恐れずに、チャレンジし続けることのできる人間へと育ってほしいと思います。

この教室で一緒に勉強した子どもたちと
将来、一緒に働くことが出来れば
幸せだな~と日々考えています^^